にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
人気ブログランキングへ

お願い

ご訪問いただきありがとうございます。
このブログをランキングからの訪問で知った方も多いと思います。
応援してくれることで、二分脊椎という病気について、
障害を抱えながらも明るく、そして頑張っているのどかについて、
多くの方々に知っていただく機会が増えると思っています。
是非、ご協力お願いします。
にほんブログ村 障害児育児ランキング
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
↑こちらを押していただくことでポイントが加算されます。
クリックして開いた先の病気や障害と闘う子供達のブログも
同じように訪問、応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング 子育てパパ日記

↑こちらを押していただくことでポイントが加算されます。
1日1回のクリックが有効なので、
毎日押して応援していただけると励みになります!!!
左サイドバーのランキングバナーもよろしくお願いします。

PR

のどかが生まれるまで

2008.09.29(11:12)
のどかが生まれて4年が経ちました。
生まれるまでと、それからについて書いていこうと思います。

妻が妊娠したことが分かり産婦人科に通っていたある日、
お腹の中の子供に異状があるので大学病院に行くよう紹介状を渡されました。
それまで何の心配もなく順調に育っているものと思い、
お腹を蹴っているなどと言って喜んでいた私達にとってとても大きなショックでした。
そして大学病院での検査の結果、二分脊椎という病気であるということが分かりました。
二分脊椎というのは、脊椎骨が先天的に形成不全となり、本来ならば脊椎の
管の中にあるべき脊髄が脊椎の外に出て癒着や損傷しているために起こる
様々な神経障害の状態を言い、その発生部位から下の運動機能と知覚が麻痺し、
内臓の機能にも大きく影響を及ぼすという病気だということでした。
また、高い確率で水頭症という脳脊髄液の産生・循環・吸収など
いずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる
という病気を併発するということも知りました。
この病気だというのが分かったのはエコーによる映像で背中に瘤状のものが
確認できたからで、これは二分脊髄により脊髄が背中の皮膚から体外に出た状態の
脊髄髄膜瘤となっていたからでした。
今思うと、通っていた産婦人科でこの異状に気付いてくれたお陰で、
産前からいろいろな対処ができました。
出産は帝王切開で行ない、産まれてすぐにこの瘤の内部にある神経を
できる限り脊椎の中に戻す手術を行なうということ、水頭症であれば
1週間後くらいに脳室から腹腔内へ髄液を流す為のシャントという管を通す為の
手術を行なうということでした。
医者から聞く、特に最悪な事態を想定した病気に関する説明による不安と、
子供が産まれるという嬉しさとで複雑な心境でした。
この子は生まれてきて幸せなのか、なんていう愚かな考えを持ったり、
子供の産着を毛糸で編んでいる妻のことを考えて、生まれてくる子が
これを着ることができるのか、と最悪な事態を考えて
涙が止らなくなったこともありました。
スポンサーサイト

<<のどか誕生 | ホームへ | 昨日の夜は二人>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://nonnon48.blog104.fc2.com/tb.php/3-4822a041
| ホームへ |
プロフィール

と~ちゃん

Author:と~ちゃん
二分脊椎という病気を持って生まれた「のどか」の成長記録と今を、親バカと~ちゃんが綴ります。
当サイトはリンクフリーです。
事後で構わないのでリンクのお知らせを頂ければ幸いです。

ランキングバナー

ランキングに参加中です。
ご訪問のついでに・・・
blogram投票ボタン
障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ 1日1回押していただけると嬉しいです。

いくつになったの

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
やさしいコルクマット
やさしいジョイントマット
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
524位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
37位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

PR
page rank

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

防災用品
フリーエリア